[PR]

 ■小説で問う「世代交代」の意味

 日本のノンフィクション界を代表する二人が相前後して新作を刊行した。

 『春に散る』は元ボクサー四人の物語。本紙連載を元とする作品だ。渡米していた一人の帰国から仲間が再び集まり、共同生活を始める。『大鮃(おひょう)』はネットに逃避して社会との交わりを断ってきた三十代…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも