[PR]

 畑を持たない人が、都市部や近郊に点在する農地を借りて野菜を育てる「市民農園」が増加している。所有者の高齢化や相続で耕作放棄地になりかねない農地の活用は、景観を守ることにつながる。民間参入も増える中、生ごみの堆肥(たいひ)化や、減農薬といったこだわりの農園もあり、選択肢は広がっている。

 都心のベッ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

関連ニュース