[PR]

 中世においては、どの階層の人がどのような本を読んでいたのだろうか。残念ながらまとまった史料は残っておらず、公家や僧侶の蔵書目録や日記に見える断片的な記述に頼るしかない。この時代の上流階級の読書は勉強の一環なので、詳しい人に教わりながら読む講読形式が多い。

 室町幕府が京都に置かれると、武家と公家・…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも