[PR]

 高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)の廃炉を指導・監督するため、仏米の原子力企業などの専門家による助言組織の設置を文部科学省が検討していることがわかった。政府一体の取り組みを強化するため、監視チームも官邸に置く方針。23日、文科省幹部が福井県庁や県議会、敦賀市を訪れ、基本方針を説明した。

 同日…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも