[PR]

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画で、海の埋め立てに必要な沖縄県知事による「岩礁破砕許可」は3月31日、期限を迎えた。政府は、許可の更新は必要ないとして移設工事を続ける方針。一方、翁長雄志(おながたけし)知事は「重大な違反」に当たると主張し、埋め立て承認の「撤回」も視野に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも