[PR]

 国鉄の分割民営化から30年、赤字体質から抜け出せない「負の遺産」を背負うJR北海道が、反発を承知で「鉄路半減」を進める。JR発足後の路線見直しでは最大の規模で、地元と歩み寄る糸口はまだ見えていない。国鉄改革は失敗だったのか。人口減時代の新しい地域の公共交通の姿は描けるのか。島田修社長の覚悟のうちは…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも