[PR]

 犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織的犯罪処罰法改正案について、与野党は10日、衆院法務委員会で14日に趣旨説明を行うことで合意した。与党の当初の想定から1週間遅れ、月内の衆院通過は難しくなった。

 自民党の竹下亘、民進党の山井和則の両党国会対策委員長が10日の会談で合意した…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも