[PR]

 日本将棋連盟(佐藤康光会長)の新しい理事を決める予備選挙の届け出が10日に始まり、元名人の森内俊之九段(46)、清水市代女流六段(48)らが立候補を届け出た。任期満了に伴うもので、将棋ソフトによる不正の有無を巡る騒動後、全理事が初めて改選される。

 永世名人の資格を持つ森内九段は2月、名人挑戦権を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも