[PR]

 作家の古井由吉さんは近年、過去と現在がおぼろげにとけあうような、独特の感覚で作品を紡いできた。新刊『ゆらぐ玉の緒』(新潮社)で繰り返し現れる「過去」は、1945年の東京大空襲。そして「現在」の側には、おそらく2011年の東日本大震災がある。

 随筆風というのか、随想風というのか。8作の短編は、作…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも