人口減少に伴い小中学校が小規模化するなど、学校規模に課題があると認識している市区町村のうち、統廃合など対策の検討を始めたところが2016年度に58%にのぼったことが、文部科学省の調べでわかった。14年度の46%から12ポイント上がった。

 政府の経済財政諮問会議は、統廃合などの検討を始める市区町村…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも