[PR]

 原子力発電所の使用済み燃料から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分地について、経済産業省の作業部会は14日、「科学的有望地」として公表しようとしていた候補地の地図の名称を「科学的特性マップ」に変えると決めた。意見募集で「有望地というと処分地に決まるようだ」といった懸念が相次いだためだ。議…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも