[PR]

 ■私(〈物〉)の価値と他者(〈貨幣〉)の支配と

 この連載(大澤担当分)の第一回としては、この本以外には考えられない。ここ二百年間に出た人文社会系の本の中で最も重要な本、『資本論』。フランスの哲学者デリダは、マルクスを読まないことは常に過失となる、とまで言っていた。

 『資本論』は三部に分かれてい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも