[PR]

 細いパイプにスチールウールを入れて片側をバーナーであぶると「ボー」と音が鳴る。18世紀から知られている「熱音響」という現象だ。それを廃熱の有効活用につなげようというアイデアがある。日本人研究者がその道を開いてきた。

 熱音響現象は、西欧でパイプオルガンを修理する際に、溶接の熱によりパイプが鳴るこ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも