[PR]

 米小説家アン・パチェットに『ベル・カント』という作品がある。南米のある国の副大統領官邸でゲリラが日本人らを人質に立てこもる。人質解放交渉はもつれる。その間にゲリラと人質は心を通わせ、恋も生まれる▼物語は南米ペルーの首都リマで起きた日本大使公邸事件に想を得て書かれた。4カ月の長きに及ぶ人質事件が軍の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも