[PR]

 小学3年生のけんたくんは思いついた。ロボットを身代わりにして、宿題や部屋の掃除をさせよう。偽物とばれぬよう自分の特徴を教えようとして、「僕とは何か」を考え始める。絵本『ぼくのニセモノをつくるには』(ヨシタケシンスケ作)は、けっこう深い▼毎年背が伸びているから、僕はまだ「つくりとちゅう」だ。気持ちは…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも