[PR]

 在野の碩学(せきがく)として名高い南方熊楠(みなかたくまぐす)が生誕150年を迎える。いまの暦で言えば5月18日生まれ。ちょうどこの春、展示施設を一新した南紀白浜の南方熊楠記念館を訪ねた▼谷脇幹雄館長(66)の案内で、その一生をたどった。幼いころから知識欲が旺盛で、記憶力は抜群。授業には退屈するが…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも