[PR]

 オペラの本場イタリアに、ひとりの日本人舞台美術家が静かに根を張っている。3月、東京・初台の新国立劇場で新制作上演されたドニゼッティの「ルチア」で、大道具の責任者を務めた白石恵子だ。華やかな舞台の裏側に、アナログの技を継ぐ途方もない職人の世界が息づいている。

 季節は秋から冬にかけて。海風が強く…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも