[PR]

 核兵器が何者かに奪われるというのは、サスペンス映画には格好の題材だろう。1990年代の米国の作品「ピースメーカー」では、冷戦終結に伴い解体に回されるロシアの核弾頭が、輸送中に狙われる。黒覆面の男たちが貨物列車から強奪する▼映画で怖いのは、弾頭の心臓部分を取り出すとリュックサックにすっぽり収まること…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも