[PR]

 NHK 21日夜9時

 「目に見えにくい障害」と言われ、誤った認識をされることが多い発達障害。NHKは、その実相を様々な番組で伝えるキャンペーンを始める。21日のNHKスペシャル「発達障害~解明される未知の世界~」(総合、夜9時)を皮切りに、今年度は九つの番組で、最新の研究に迫ったり、当事者らの声を取り上げたりする予定だ。

 「一つの物事に拘泥」「細かい違いを気にする」――。こんな発達障害の特性を「集中力がある」「違いに気づける」という長所だとみて、積極的に雇用を進める企業が国内外にあるという。21日はこうした先進的な企業の事例を紹介。他に、最新の脳研究=写真=も取り上げ、当事者がどのように日常空間を捉えているかを報告する。

 また、21日は視聴者の声を番組に反映させるため、生放送でおくる予定だ。ファクスやメールを募って、スタジオの医師が解説したり、障害を公表しているモデルの栗原類が実体験を語ったりするという。

 朝の情報番組「あさイチ」で特集した際の反響の大きさがキャンペーンのきっかけ。5年前から同番組で3回特集したが、普段は300通ほどのメールが千を超えるなど、関心の高さが数字…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも