[PR]

 人知れず任務を遂行するため、「変装」は忍者にとって不可欠だった。

 伊賀流忍者博物館(三重県伊賀市)学芸員の幸田知春(36)は言う。「病人になりすますために顔にウコンを塗ったり、魚のうろこをコンタクトレンズのように目につけて視覚障害者を装ったりすることもあったそうです」

 忍術書には「たとえ父子兄弟にさえも変装した姿を見破られてはならない」と書かれているそうである。

 変装といえば、樺太(サハリン)が島であることを確認した江戸時代の探検家・間宮林蔵を挙げたい。

 現在の茨城県つくばみらい市に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも