[PR]

 法案の早期の衆院通過を目指す政府・与党に対し、民進党は16日、「未解決の論点」として、一般人が対象になるか▽対象犯罪は適正か▽犯罪の計画と準備行為の関係は▽共謀罪は必要か――など、182の論点を示し、審議の継続を求めた。

 記者会見した衆院法務委の逢坂誠二・野党筆頭理事は「政府の答弁が変遷し、深掘…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも