[PR]

 木工の町、栃木県鹿沼市。江戸時代、日光東照宮の造営や修繕で全国から集められた宮大工がこの町に滞在し、地元に技術を伝えたのが始まりとされる。主に障子や欄間に取り入れられる木工細工「鹿沼組子」も、職人らの手によって代々受け継がれ、育まれてきた。釘を使わず、切り込みを合わせて作る模様が、繊細で美しい。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも