[PR]

 人気俳優ベン・アフレックが監督としてデニス・ルヘインの小説を映画化するのは、「ゴーン・ベイビー・ゴーン」に続き2度目。今回は禁酒法の時代が背景だ。「犯罪王リコ」や「民衆の敵」など、1930年代初頭に端を発するワーナー・ブラザーズ製ギャング映画への少々生硬なオマージュが表の貌(かお)。だが、その奥に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも