大学2年生の19歳の時、骨肉腫になりました。右足を失い、生死と向き合う経験をしました。その時、「自分が生きていけるならば、その与えられた命を輝かせたい」と思いました。

 その後、20代でパラリンピックに出場することができ、2020年の東京五輪・パラリンピックの招致活動に参加するという経験もさせても…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも