[PR]

 つい先日、富山市の「高志(こし)の国文学館」で開催中の「官人大伴家持(つかさびとおおとものやかもち)」展を見た。来年、生誕1300年を迎える奈良時代の歌人の人物像を朝廷でのキャリアからたどるという意欲的な試みだ(6月5日まで)▼〈春の園紅(くれない)にほふ桃の花下照(したで)る道に出(い)で立つを…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも