[PR]

 乳がん検診のとき痛みを伴わず、高い精度で腫瘍(しゅよう)を見つけられる技術を開発したと、日立製作所が24日発表した。リング状の装置で乳房に全方向から超音波を当て、腫瘍の形や早期がんの兆候を測ることができるという。臨床試験を経て、2020年の実用化を目指す。

 同社によると、乳がん検診で国がすすめる…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも