[PR]

 再びCMの中で耳にしました。顔だけおじさんのミニスカートの女性が踊って、話題を呼んだアイスのCMです。替え歌になってはいたけれど、曲のポップな魅力は、34年を経ても色あせていませんでした。

     *

 1983年春の化粧品のキャンペーンソングだった「う、ふ、ふ、ふ、」。読者も、明るくさわやかな歌として記憶していた。

 「心浮き立つメロディーが良い。聴いただけで元気が出る」(宮城、64歳女性)、「春らしくてすてきな曲。今もよく口ずさみます」(大阪、44歳女性)。

 歌詞の言葉の通り、聴き手の心に効く「ビタミン」を、多く含んでいる感じ。ノリの良さは、今思えば「その後のバブル時代の予兆」(東京、56歳男性)だったのかも知れない。

 シンガー・ソングライターのE…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも