[PR]

 真夜中、誰もいない百貨店の前。ベンチに座る人影に近づく。

 話しかけるなっ!

 声を荒らげてうずくまったのは大荷物を抱えた高齢の男性だ。拒まれても、横にしゃがみ込む。5分、10分、20分。長い沈黙を破って名刺を差し出すと、男性が顔を上げた。

 おぉ、あんたか。昼間にあんたの施設の前を通ったが、入り…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも