[PR]

 周到に写真を用意して、その日を待つ――カツオらしい、ちゃっかりした構想がほほえましい。

 掲載作は1964年。大阪市立大の石田佐恵子教授(メディア社会学)は、時代状況を強く感じたという。東京五輪の年。テレビの普及で、マスメディア全般に視覚情報の価値が増した。「有名性」に対する人々の意識に、変化の兆…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも