[PR]

 北村想が書き、寺十吾(じつなしさとる)が演出した「黒塚家の娘」は、「能『黒塚』より」の副題がつく。奥州安達原の庵(いおり)に住み、宿を乞う旅人を殺す鬼女をシテにした鬼能。戦乱を背景に人々の悲しみや孤独の心を怪奇な姿で表現した。

 北村は深刻な主題を明るく軽やかに表現する。今回も立体感のある演出と相…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも