[PR]

 商工組合中央金庫(商工中金)が国の制度融資で不正を繰り返した問題で、利子補給などの業務を担った日本政策金融公庫の紀村英俊専務は「資料の意図的な改ざんは想定していなかった」と語った。「制度は(商工中金の)しっかりした対応が前提だ」とも述べ、現状のチェック体制では悪意のある不正を見抜くのは難しいと釈明…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも