[PR]

 日本銀行の大規模な金融緩和で国債買い入れの減額が鮮明だ。昨年9月に長期金利操作を導入し、国債を買う「量」から「金利」へ軸足を移した。国債の買い増し額は今も「年80兆円をめど」としているが、最近は年60兆円程度に縮小。緩和開始から5年目で、かつて前面に出された「量」は有名無実化した形だ。▼経済面=「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも