[PR]

 ■2009年・決勝

 2009年夏、日本文理は打力で旋風を巻き起こした。甲子園の全5試合で2桁安打を放ち、大会史上初の2試合連続毎回安打も記録。チーム打率3割9分8厘は出場校トップの成績だった。

 「打撃のチーム」。それは監督の大井のあこがれだった。

 ちょうど50年前の1959年。第41回大会で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも