[PR]

 JR東日本は6日、山手線の車両内に防犯カメラを初めて設置すると発表した。2020年春までに計50編成を投入する新型車両「E235系」(11両編成)全てに、約20億円かけて整備する。東京五輪を見据えたテロ抑止や痴漢などの犯罪行為の防止が目的。

 JR東が通勤電車の車両内に防犯カメラを設置するのは埼京…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも