[PR]

 会津磐梯山が大噴火した直後の9世紀初め、南都の学僧・徳一(とくいつ)らが中心となり、筑波山から陸奥の国にかけて多くの寺院を建立し、平城京を彷彿(ほうふつ)とさせる仏都を築いたといわれる。しかし、その多くが衰退、または廃寺となって、往時を偲(しの)ぶものは少ない。

 会津の田園地帯にぽつりと建つ勝常…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも