[PR]

 奈良時代末期から平安時代にかけて、みちのくにおいて蝦夷(えみし)と呼ばれた先住民と朝廷軍が激しい争いを続けた。789年には、総大将・阿弖流爲(アテルイ)が率いる蝦夷軍に朝廷軍が大敗を喫するという大事件が起こった。

 その後、797年に桓武天皇から征夷大将軍に任ぜられた坂上田村麻呂率いる朝廷軍が、激…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも