[PR]

 「忖度(そんたく)」「印象操作」「怪文書」……。数々の流行語を生んだ通常国会が、委員会採決を省くという超強硬策による「共謀罪」法成立で、延長なしで「強制終了」された。

 加計学園問題も共謀罪も、政権は強弁の乱打で疑問を封じる高圧路線。「怪文書」呼ばわりした文部科学省の文書の存在こそ土壇場で一転して…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも