[PR]

 ひとに衣替えがあるように、京都の家には「建具替え」がある。初夏のこの時期、ふすまや障子を外して、簾(すだれ)を下げたり、葦簀(よしず)を張った葦戸(よしど)を入れたりして風の通りをよくする。畳の上には、素足がひんやりするよう籐(とう)むしろを敷く▼「クーラーの冷たさとはまた違う、気持ちのいい風が来…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも