[PR]

 ある時期、あるところに、傑出した野心家たちが集まることがある。「水滸伝」の故事にちなみ梁山泊と呼ばれる。明治初めの築地梁山泊は、大隈重信の邸宅を指した。若き伊藤博文や五代友厚らが出入りし、明日の日本はどうあるべきか論じ合った▼1950年代の東京のアパート、トキワ荘には石ノ森章太郎、赤塚不二夫、藤子…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも