[PR]

 推理小説は、基本的人権の保障される民主主義社会において発達する。そんな説を推理作家の森村誠一さんが述べている。人権をないがしろにする国では「合理的な証拠は必要なく、容疑者を捕らえて拷問にかけ、自供させれば、一件落着である」(『ミステリーの書き方』)▼そんな国で小説の中でだけ証拠を積み上げアリバイを…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも