[PR]

 仏堂の四方を守護する四天王のうち、東北の方角に安置されるヴァイシュラヴァナを意訳したものを多聞天といい、音訳したものが毘沙門(びしゃもん)天。東北方面からの遊牧民族の侵入に手を焼いた唐王朝は、甲冑(かっちゅう)を着けて、地天女によって大地から湧出(ゆうしゅつ)するさまを表現した毘沙門天立像を辺境防…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも