[PR]

 1970年、横浜市で脳性まひのある2歳の女の子が母親に殺された。施設への入所を断られ、将来を悲観しての犯行とされた。母親の境遇を思いやる地域住民らが減刑を求めて運動を起こす。しかし、これに異を唱えた人たちがいた▼「母親を憎む気持ちは毛頭ない。だが罪は罪として裁いてほしい」。脳性まひの当事者らが思い…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも