[PR]

 東アジアでの中国の存在感の変化と行く末を考えさせる論考が目立った。

 世界8月号は、香港返還20年にあわせて「中国の『最前線』はいま」を特集。川島真・倉田徹・福田円「座談会民主と自由の最前線」は、中国・香港・台湾の専門家がこの20年間でのパワーバランスの変化に言及。香港が中国に対する相対的な優位性…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも