[PR]

 経典によれば、西方極楽浄土の教主・阿弥陀如来には、観音・勢至という脇侍のほか、楽器を奏で歌を唄(うた)う多くの菩薩(ぼさつ)と、天人や霊鳥迦陵頻伽(かりょうびんが)たちが賑(にぎ)やかに付き随(したが)い、死に行く人を慰め、極楽往生を助けてくれるという。仏像としては、京都・即成院の二十五菩薩や宇治…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも