[PR]

 かつてアインシュタインが存在を予言した、時空のゆがみ「重力波」。それから約100年後の2015年、米国チームが直接観測に成功した。今年末には日本でも観測装置KAGRAが稼働を始める。新たな天文学が幕を開けた。

 重力波とは、アルベルト・アインシュタインが1916年、一般相対性理論で存在を予言した時空のゆがみだ。物質が動くと周りの空間がゆがみ、そのエネルギーが物質を突き抜けながら波のように広がる。ゆがみの大きさは、太陽~地球間(約1億5千万キロ)で原子1個分程度とごくわずかだ。

 この「宇宙のさざなみ」を捉え…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも