[PR]

 「1強」を背景にした第3次安倍再改造内閣で目立ったのは、政権にとって都合の悪いことについては調査や説明を尽くさず、強弁でやり過ごそうとする「隠蔽(いんぺい)体質」だった。▼1面参照

 「政府の説明が二転三転するなど、国民の皆さんの政府への不信を招いた」。菅義偉官房長官は1日の記者会見で、内閣改造…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも