[PR]

 甲子園で1勝をあげるのがいかに難しいか。それが切々と伝わってくるのが、盛岡大付属高校の監督だった沢田真一さんの著書『甲子園の負け方、教えます。』である。監督時代に春夏あわせ7度出場しながら、すべて初戦で敗退している▼負け方の一つが「舞い上がること」。試合前の慌ただしさに我を失い、選手へのちょっとし…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも