[PR]

 「広辞苑」を編んだ新村出(いづる)の孫――そう見られるのが若いころは嫌だった。版元の岩波書店に就職したのは、アルバイトがきっかけ。編集者、校正者として63歳まで勤めたが、在社中に広辞苑に携わることはなかった。

 この春、新村出記念財団の嘱託に就任。京都市北区の鞍馬口にある出の旧宅「重山(ちょうざん…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも