[PR]

 上田岳弘(たかひろ)という作家は、時空の広がりを見渡すような、壮大な作風で注目されてきた。でも、今作は少し様子が違う。『塔と重力』(新潮社)は、予備校生の「僕」と「美希子」の出会いという、妙に平凡な始まり方。いったいどうしてしまったのか。

 新潮新人賞を受けた「太陽」では、太陽の核融合を利用した錬…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも