[PR]

 詩壇を代表する賞の一つ、鮎川信夫賞に、辛口の批評でも知られるベテラン・荒川洋治さん(68)の『北山十八間戸(じゅうはっけんこ)』(気争社)と、気鋭の伊藤浩子さん(46)の『未知への逸脱のために』(思潮社)が選ばれた。いずれも選考委員から「異色作」といわれた。(赤田康和)

 ■詩壇と距離、貫く批判…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも